装飾製品情報

装飾デザインシリーズ
装飾デザインシリーズトップ
プレバインシリーズ
ハンマード・デザイン
ユニットタイプ
ホーリーユニットタイプ
ABタイプ
和モダンタイプ
アンティックパネル
アルテックメタルパネル
装飾手摺子・アンティック手摺子
アッシューシリーズ
花台シリーズ
T-80・T-85手摺子シリーズ
スライド門扉
  • TOP
  • オートゲートシステム

AUTOMATIC GATE SYSTEM

オートゲートシステム

製品検索

装飾門扉と自動システムが高めるプレステージ

常に最高級を目ざすアルテックが、これからの邸宅、高級マンション用にふさわしいアルテックオートゲートシステムを用意しました。門扉と自動化システムを一体で設計しますのできれいに納まり、美しい外観に仕上ります。
スライドタイプ、スイングタイプの2種類を用意しましたので用途に合わせてお選び下さい。

電源はAC-100Vで動く小型強力モーターを使用。開閉動作は2段減速式です。又、オートゲートシステムの機能をより高める為、オプションとして、電気錠、無線スイッチ、地震オープナー等を用意しました。
(装飾ドア用にオートドアシステムも用意しました。)

スライドタイプ

ケース内に収納された駆動装置本体は、埋込み又は床置式となり扉本体引込端部に設けた駆動部結合金具を介して扉の開閉駆動を成し、外界の変化に依る影響を受けず常に安定した作動が得られます。開閉速度も調整可能で閉扉側は、全閉直前に自動的に一旦停止し極めて静かに全閉するので安全です。万一の場合は停止用押釦スイッチを操作すると扉は直ちに停止します。(惰行は 5cm 以内です)

Hタイプ (内側より見て扉を左に引き開く)

仕様

開閉仕様:Vベルト
(10m以上はチェーン)駆動方式
扉形式:片引又は両引
扉重量:100kg~2,000kg
開口幅:特に制限なし
電源 :単相交流100V及び200V
50・60Hz
電動機:定格出力75W~120W
(シリースモーター)
エンジン型式:埋込み及び床設置式
制御装置:分離型コントロール
ボックス(F-2)
開閉速度:20cm~30cm/sec
作動:開、閉、停(3信号システム)


タイプ

Hタイプ:内側より見て扉を
左に引き開く
Mタイプ:内側より見て扉を
右に引き開く

スイングタイプ

装置本体は床部に埋設されるので意匠的に優れ、作動音が静かな二段減速装置、最終段制動装置を装備、扉の開閉は 風圧に対するストップ機構に依って、確実な作動が得られ安定しています。
開閉操作は、開、閉、停、三種類の押釦等で操作し、任意の位置で非常停止ができるので安全です。又、装置が極め てコンパクトに設計されているので、施工並びに保守点検が容易です。

GDF-VMタイプ(内側より見て吊元が右側にある門扉)

GDF-Wタイプ(両開き門扉)

仕様

開閉仕様:90°回転 アーム駆動方式
扉式 :格子扉を標準形式とする
扉重量:150kg以下
開口幅:3.5m以下
電源 :単相交流100V 50・60Hz
電動機:定格出力75W
(シリースモーター)
エンジン型式:HB-門扉型
(屋外二重ケース型)
制御装置:分離型コントロール
ボックス(F-2)
開閉速度:開閉共(約2~4秒)調整可
作動:開、閉、停(3信号システム)


タイプ

GDF-Wタイプ:両開き門扉
GDF-VHタイプ:内側より見て吊元が
左側にある門扉
GDF-VMタイプ:内側より見て吊元が
右側にある門扉

オプション

自動門扉の機能をより高めてご利用いただくためにオプションとして、下記の装置があります。

  1. 1)電気錠:閉扉時の強風による開閉対策。
  2. 2)無線スイッチ:車中等より信号(開・閉・停)を送り遠隔操作に便利です。
  3. 3)テレビ・カメラ:インターホン等と連動させて御利用戴くと来客の確認に便利です。
    (宅内システムとの連動要する為、メーカーとの打合せが必要となります)
  4. 4)安全光線スイッチ:門扉の開閉作動中の安全が高まります。
  5. 5)地震オープナー:震度4相当の地震を感知した時に警報を発し、危険を知らせる事が出来ます。
    (エンジンメーカーに要問合せください)

オートゲートシステム、アフターサービス網

アルテックでは、いつも軽快な使用状態を維持していただくために、全国各地の代理店にサービス部門を設け、ゆきとどいたサービス・ネットワークを確立しております。
したがって、全国どこでお取付けいただいても、万一の故障の際には、電話一本で迅速に修理できるよう常に準備を整えています。

保守契約制度

いつも動きのよい自動ドアをお使い頂くためには定期的な点検・整備・調節がぜひ必要になります。
取付後1ケ月間の保証期間をもうけていますが、それ以後は不時の故障を防ぐためにも、保守制度にご加入をおすすめします。
詳細に関しては、アルテック、又は販売店にお問合せください。